どーでもイージー

面白くて笑えるコンテンツの泉、になったらいいなー。一言でも良いので感想や反応もらえると、励みになります。ホント、感想以外の報酬はほぼゼロなんで、感想乞食に一言お恵みを~!

スポンサーリング

隣のトトロおじさん(3)

となりのトトロ [DVD]

 

【第1話から読むのがオススメ】

隣のトトロおじさん(1) - どーでもイージー

隣のトトロおじさん(2) - どーでもイージー

隣のトトロおじさん(3) - どーでもイージー

隣のトトロおじさん(4) - どーでもイージー 

隣のトトロおじさん(5) - どーでもイージー 

隣のトトロおじさん(6) - どーでもイージー 


 

ねこバスがやってきて、あっという間に彼女とご両親の待つ家に連れて行ってくれる、なんていう妄想は、タンと一緒に劣化したアスファルトへ吐き捨てられた。

 

そしてA男は確信した。こいつは、単なる変態のおじさんだ、と。

 

「そもそもですよ。見たことないでしょう、トトロ?実際には。ね?アニメだけでしょう?」

 

「ええ、まあ。」

 

A男にとって、もう話しの内容はどうでも良かった。適当に相槌を打ちながら、チラチラと腕時計を確認する。

 

「でしょう?いやね、私の言いたいのは、トトロっていうものは、言わば夢なんですよ。夢。つまりね、トトロを見ている人の心の在り方が、そのまま投影されるというわけなんです。ですからね、あなたに私がどう見えているのか、いま私にはわからないですけども、つまり、今の私の姿は、あなたの心の……、聞いてます?」

 

「え?あ…、はい。」

 

数秒の間があいた。
その間、トトロおじさんは無表情のまま、眉一つ動かさず、じっとA男を見ていた。

 

「あの…、すいませんでした。」

 

ほとばしる負のオーラに気圧され、とりあえず謝っておく。

 

「…………バス、来ませんよ。」

 

「……へ?」

 

A男は耳を疑った。

 

「こないですよ、バスは。バスってそういうものですよ。急いでいる時に限って、来ないんです。」

 

そこまで言ってから、さもノスタルジーに浸っているように遠くを眺め、続けた。

 

「あの時もそうだったなぁ。雨の中、トウモロコシを持った女の子が、なかなかやって来ないバスを、不安に耐えながら、じいっと待っていたんです。私はね、」

 

「ちょ、バス来ないってどういうことですか!?」

 

トトロおじさんは、一瞬悲しみとも不満ともとれる表情をしてから、今度は不敵な笑みを浮かべ、言った。

 

「呼びますか?……ねこバス?」

 

「ねこ…。いや、そんな、まさか…。」

 

「呼べば、信じてくれますでしょう?私が、本物のトトロであると。」

 

A男は困惑した。どうせ嘘に決まっていると高をくくってはいるものの、この変態の自信に満ち溢れた言い振りと、そんな事が起きたとすれば、現状確定している大遅刻という失態も免れるという打算が、もしやという気にさせるのだ。

 

「どうします?呼びます?」

 

その聞き方に、何か挑発めいたものを感じてようやく気づいた。これは、勝負なのだと。もしココでイエスと言えば、すなわちこの上半身裸の男をトトロと認める事になる。別に認めたっていいのだが、この勝負のポイントは、本当にねこバスを呼べるのか?にある。もしねこバスが来なければ、ただ単に、コイツをトトロと認めただけで終わる。この変態を、だ。
もしかしたら、どうでもいい事かもしれない。だがこれは、コロッケには醤油をかける派か、ソース派か、ケチャップ派か、という話に似ている。自分の信じていないものを認めてしまった瞬間、それまで積み上げてきた自分の、ほんの一部分ではあるが、確かに崩壊するのだ。人間にとってそれは、それなりに恐ろしいものだ。

とはいうものの、A男は揺らいでいた。ソース派がケチャップ派に変わった所で、仮にねこバスなんて嘘っぱちだった所で、自分になんの不利益があるだろうか?それに、もし万が一、億が一、ねこバスが来ようものなら、一発大逆転じゃないか。

 

―――A男は賭けに出る決断した。

 

「じゃあ、」

 

その時だった。

 

 


プロロロロロロ。キィーーー!プシューーー。

 

 


バスが到着した。

 

A男がトトロおじさんの方を向くと、奴は視線をそらせながら、

 

「あれ?おっかしいなー。」

 

と悪びれること無く言った。

 

【続き】

隣のトトロおじさん(4) - どーでもイージー

 

 

広告を非表示にする
☆あの素晴らしい愛をもう一度
【ご覧のスポンサーの提供でお送りいたしました。】