読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どーでもイージー

面白くて笑えるコンテンツの泉、になったらいいなー。一言でも良いので感想や反応もらえると、励みになります。ホント、感想以外の報酬はほぼゼロなんで、感想乞食に一言お恵みを~!

スポンサーリング

英国人の想像力が並外れているので、負けたくない。

英国では13歳少年はチキンを売ってもらえない模様。

イギリスの中部マンチェスターで、13歳の少年が弟と一緒にケンタッキーを買おうとした所、店員に断られたんだそうな。

その理由がちょっと衝撃的だった。

 

その理由とは・・・。

 

「若すぎる」

 

どういう事なんだ?

タバコや酒に年齢制限があっても不思議はないが、ケンタッキー・フライド・チキンにそんな制限があるなんて聞いたこともない。

 

少年たちの父親が店に抗議し、店側が謝罪したそうな。

あたりまえだけど。

 

 

店側が販売を拒んだ理由がもの凄い。

 

店側曰く、

 

チキンを投げ合うんじゃないかと思った。

 

 

 

な、なんて想像力だ…。スカウターが振り切れやがった!

 

 要するに、こういう事だよね?

 

 

チキンを投げ合う子供たち

f:id:do-demo-e-jump:20140501002738p:plain

たしかにこう、ブーメラン的な形状のチキンあるけども!

 

 

 

にしても、すげぇ想像力だ。おら、ワクワクしてきたぞ。ってなわけで、

 

英国人に負けない販売拒否を考えてみた。

医者にチキンは売らない!

理由:患者に移植するんじゃないかと思った。

 

確かに、チキンの骨って脆いもんね。

 

 

室伏に出来たてのチキンは売らない!

理由:持った瞬間に「あつ、熱っ!」ってなって、投擲されるんじゃないかと思った。

 

 

職業病って、あるもんね。 

 

 

メガネが割れてる人にビスケットは売らない!

理由:メガネの代わりにされるんじゃないかと思った。

 

 

理論的には、視野が狭まって、ちょっとだけ視力上がるけどね。 

 

 

チキン野郎にチキンは売らない!

理由:むしろ厨房へご案内しなきゃいけないんじゃないかと思った。

 

 

仕事って、体を犠牲にすることあるよね。

 

 

この会社に魂は売らない!

理由:会社はライフワークバランスを考えるべきだと思った。

 

 

 頑張ったらいいと思う。

 

 

 

ちなみに、拒否された少年は、「ショックだった。チキンが欲しかっただけだったのに」と話しているそうな。可哀相に。

てか、絵心ない上にマウス描きじゃマジキツイ。

 

 

 

チキンは20歳を過ぎてから。

 

 

広告を非表示にする
☆あの素晴らしい愛をもう一度
【ご覧のスポンサーの提供でお送りいたしました。】